月山志津温泉 変若水の湯 つたや

つたや日記

裏山のあけびとベニテングダケ

7月上旬に見つけた、小さなアケビの双子の実。

まだ1〜2cmくらいしかなかったので、大きくなるまで待っていました。

そして大きくなったのがこちら。双子のまま順調に成長していました。

9月中旬に収穫しました。

近くにたくさんぶらさがっていたアケビ。

右下に見えるのものは、一房に8個もなっていました。

バナナのよう。

今年は、木の実のものが豊作で、いつもは熊やほかの動物たちに食べられていた栗やドングリが手つかずのまま、森に落ちています。

つたやから歩いて5分も行かないところにある栗の実もきれいに食べ尽されていたここ2年でしたが、豊作のようでどうやら熊も奥山でたらふく食べているのだろうと想像しています。

この日は、ヤマブドウとコクワ、栗とあけびを採って来ました。

ヤマブドウとコクワは果実酒、小さいアケビは甘露煮、熟したあけびは皮を味噌煮に。

個人的に、アケビを採るのは最高に楽しく大好きですが、食べるのは苦くて苦手です。

そして、今年も待ちに待ったベニテングダケ!

昨年は8月末に採れたけど、今年は9月中頃。森の中に真っ赤なベニテングダケが生えるととても目立ちます。

毎年、今か今かと待っているので、見つけたときにはとても興奮します。

きのこも豊作ですが、ものによって1ヶ月早かったり遅かったりしています。

特に、鳶茸はとても豊作のようで、数百キロも採ったという話も聞きました。

この分だと来年が心配なので、今年のうちにたくさん保存しておこうと思います。

つたや日記 2015.09.23.(水)
ご予約はこちら

当館は、バリアフリーです。車椅子・足腰が不安な方も快適にお過ごしいただけます。